保障額の計算方法

生命保険の必要保障額の計算は、子供の将来のためのお金、遺族生活費、予備資金などに分けて計算します。

 

子供の将来のためのお金には、教育資金、結婚資金があります。
教育資金は、子供が進んでいく進路によって大きく異なります。私立、公立のいずれの学校に入るのか、そして子供の人数などによって計算します。
結婚資金は、大まかになりますが、人数とこのくらいまでの援助という感覚で計算するとよいでしょう。

 

遺族生活費については、子供の独立まで、独立後、住宅資金の3本柱で考えます。
子供の独立までには、おおよそですが、

 

・現在の生活費の70%×(末子独立時年齢−末子の現在年齢)

 

子供の独立後は、

 

・現在の生活費の50%×末子の独立時の配偶者の平均寿命

 

で見るようです。

 

さらに住宅資金については、賃貸であれば家賃、持ち家なら管理費や修繕費といったものから大まかな試算をします。

 

さらに予備資金として、葬儀費用に相続費用、生活を立て直すための費用なども保障対象としたいですよね。

 

未来については、予測できない事態があります。
絶対的な計算は不可能ですが、保険に加入しようとする場合は、ある程度の予測をたてて計算をしてみることが必要になるでしょう。

 

 

ただ、全てを生命保険で用意しなければいけない訳ではありません。
保険で備える保障額の計算の基本は、

 

生命保険の保障額 = 死亡後に必要なお金 − 貯蓄などで残せるお金

 

です。
「貯蓄などで残せるお金」には遺族年金など公的な保障も含まれます。
生命保険だけに頼らずに、しっかりと貯蓄して備えることが大事です。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。