健康保険でカバーできる保障

医療費については、健康保険に加入していれば3割の自己負担ですみます。
さらに、医療費がかさみ、1ヶ月に支払った診療額が一定額を超えれば、高額医療費という給付によって、超過した分が戻ります。ですから、実際には健康保険でかなり医療費がカバーされているということになります。

 

高額医療費については、一般的所得の世帯では自己負担が約8万円、月収が53万円以上の上位所得者においては、約15万円の自己負担となるようです。
カバーできない部分といえば、健康保険適用外の治療及び手術、個室・少人数部屋などの差額ベッド代金、食事代金、身の回りのものの購入費用、家族の見舞いによる交通費などです。

 

つまり、健康保険で健康保険によってカバーできない部分を補うために、生命保険の医療保障や、特約といったものを検討する必要があるわけです。

 

例えば、一般的に入院した場合、1日あたりにかかる金額の統計をとると、約14,700円という額になるそうです。
入院が短期ならいいのですが、長期ともなれば、大きな負担となりますよね。
健康保険でカバーできない差額超過分に対して、生命保険を考えていけば安心というわけです。

 

このように、健康保険でカバーできる部分と、できない部分をしっかりと把握しておかないと、適切な生命保険や医療保険の保障を決めることができません。
あるいは、必要以上に医療保障をつけていないかどうか見直す場合にも、健康保険でカバーできる保障を再度確認することが必要になりますね。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。