生命保険会社の選び方・基準

生命保険を契約すると、加入してから掛け金を支払う年月は大変長いものになりますし、掛け金の支払い総額もとても大きいものになります。

 

過去には経営破たんする保険会社もあり、本当に選択に迷うようになりました。
保険金を支払ってもらうことを考えても、現在も未来も安心してお付き合いのできる生命保険会社を選択したいものです。
生命保険会社の選択は慎重にしなければなりませんね。
でも、慎重に選択するといっても、具体的にどのようにすればよいのでしょうか?

 

私たち保険の素人であっても、保険会社を選択する指針になるものがあります。
それは、保険会社の格付けや、ソルベンシーマージン比率、そして保有契約高増減率です。

 

格付けは、アルファベットと数字、そしてプラスマイナスによってあらわされます。
格付投資情報センター、ムーディーズなどの格付け会社のサイトや、日経マネーの巻末腫瘍金融機関格付け一覧などによって確認することができます。

 

ソルベンシーマージン比率は、大規模災害などの大きなリスクに対して、その保険会社の支払い能力がどのくらいあるか、という、保険会社の余力についての比率です。
この比率が200%以上というのが安全の目安となっていますが、その神話も崩れつつあるようです。
他の指針と比べながら確認する必要があります。

 

保有契約高増減率は、生命保険が持っている保険契約の保険金額合計をいいます。
保有契約は収益の源泉です。
会社の規模に応じて比較が難しいところもありますので、前年度比を見ることで、その生命保険会社についての人気や信頼性を測ることができます。

 

上記のポイントを総合的に判断することで、生命保険会社の選択に役立てましょう。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。