告知義務について

生命保険に加入するにあたっては、「告知義務」というものがあります。

 

生命保険に加入するためには、過去の傷病歴、現在の健康状態、身体の障害状態、職業などについて告知をしなければなりません。
生命保険は、加入者の将来に何かあった場合を想定して保障を約束するものです。
一般的に、健康面で何か問題がある状態で、生命保険に加入することはできません。
この告知内容をもって、生命保険の契約ができるかどうかの判断材料となるのです。

 

告知の方法ですが、被保険者が書面に記入する形で行うか、各保険会社の担当医師が被保険者の健康状態をたずねるという形で行われます。
その際には、傷病歴などをもれなく正確に答えるようにしましょう。
傷病によって、生命保険に加入できないものとできるものがあります。

 

被保険者は、健康状態を偽りなく告知しなければなりません。
告知が真実でなかった場合、告知義務違反として、契約の解除や、特約が無効となる場合もあります。
さらに、保険金を受け取ることができないという状況になります。

 

保険をずっとかけてきたのに、告知に過失や故意の虚偽があったという理由で、保険金が支払われないのでは生命保険に加入した意味がありませんよね。
自分のため、家族のために加入する保険です。
告知義務違反ということにならないように、しっかりと明確に告知しましょう。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。