公的年金でカバーできる保障

公的年金でカバーできる保障を知ることは、生命保険で何を補う必要があるのかを把握する上で必要なことです。

 

公的年金でカバーされる保障は、生計維持者が死亡した場合に遺族への生活費が支給される「遺族年金」というものがあります。
傷害を負った場合は、障害者に対しての生活費の保障がある「障害年金」があります。

 

業務上の事故にあった場合は、労災保険から医療費や休業補償、遺族補償年金というものが支給されます。
要介護状態になった場合には、要件に応じた介護保険による介護サービスの給付があります。
高齢になったときには、公的年金によって、老齢年金である老齢基礎年金・老齢厚生年金が支給されます。
これらの保障は、生計維持者がどの年金制度に加入しているかということにより異なります。

 

国民年金に加入している自営業者が死亡した場合、18歳未満のお子さんがいる場合、18歳になる年度末まで遺族基礎年金が支払われます。
また、サラリーマンの場合は、遺族基礎年金に加えて、厚生年金から遺族厚生年金等が支給されることになります。
遺族厚生年金は基本的に一生涯の支給です。また、お子さんが18歳以上になって、遺族基礎年金を受けられない場合で、遺族である妻が40歳以上であれば、65歳まで中高齢寡婦加算が支給されます。

 

このように、公的年金制度によってある程度の保障が約束されています。
民間の生命保険への加入は、この公的年金の保障では補いきれない部分の保障を得るためであるといえますね。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。