保険と共済の違いと種類

全共済やJA共済などの「共済」と生命保険会社はどのような違いがあるのでしょうか?
保険と共済の違いについて解説します。

 

保険と共済の違いと種類記事一覧

保険と共済の大きな違い、それは営利目的か、そうでないかという点になるでしょう。保険の場合は、一般に知られている保険会社が実際に企業として、営利を目的として保険商品を販売しています。共済は、将来や万が一の場合に対する保障を希望している人たちが団体の構成員となり、その団体自体が保険者となって構成員の保険...

全労済とは、正式名称を全国労働者共済生活協同組合連合会といいます。全労済は、テレビなどでも多く目にする団体ですね。消費生活協同組合法に基づいた厚生労働省認可の共済事業を行う団体です。「生活をより良くしよう」という方々が自主的に集まって組合員となっています。もちろん営利目的の団体ではありません。この組...

JA共済は、農業協同組合が行っている共済です。生命保障と損害補償があります。一般の保険会社とは違い営利目的の団体ではないので、生命保障についても、損害補償についても掛け金が安いという魅力があります。JA共済は、組合員、利用者に密接した総合生活保障活動を行っています。JAとJA共済連が機能分担をするこ...

JF共済とは、水産業共同組合法に基づき、漁業者などの組合員やその家族、そして地域住民の暮らしを保障しようという事業活動をしています。JF共済には、普通更生共済、乗組員更生共済、団体信用厚生共済、漁業者老齢福祉共済、漁業者国民年金基金共済の生命・年金共済と、生活総合共済、火災共済などの損害共済がありま...

県民共済は、昭和45年のある事件をきっかけに作り出されたものです。昭和45年に過労による事故によって命を落とされた方の職場の仲間が作った共済です。過労による事故なのに、国の労災補償が適用されない、また民間の保険料が高いために加入ができなかったという環境を何とかしたい、という気持ちからできた共済なので...

CO-OP共済も、他の共済同様に営利目的の保険商品ではありません。自分の掛け金がみんなの役に立つ、そして自分の役にも立つという組合員同士の助け合いの共済、それがCO-OP共済です。組合員の助け合いから生まれる共済で、自分たちの必要な保障については、自分たちで考え、開発するということが行われているそう...