保険と共済の違い

保険と共済の大きな違い、それは営利目的か、そうでないかという点になるでしょう。

 

保険の場合は、一般に知られている保険会社が実際に企業として、営利を目的として保険商品を販売しています。

 

共済は、将来や万が一の場合に対する保障を希望している人たちが団体の構成員となり、その団体自体が保険者となって構成員の保険を引き受けるという、相互扶助的なものです。
共済の運営は、営利目的ではない非営利事業ので、事業経費を安く抑えている分、掛け金が安いという特徴があります。

 

保険は商品の数が非常に多く、たくさんの種類、たくさんの補償内容の中から、自分にあった商品を選択することができ、自由な設計ができます。
しかし、保険料は共済よりも比較的高めです。

 

共済は掛け金が比較的安いという魅力があります。
保険商品よりも共済の商品は種類が少ないため、自分で思うように商品を選択していくという保険のような自由さがありません。
共済の商品に合わせて自分の保障を決めていくという感じですね。

 

保険は民間保険会社や民間損害保険会社によって販売されています。
保険の自由化によって、たくさんの海外企業が進出し、ネット上でもたくさんの保険申込ができるようになりました。

 

共済には、JA共済や、全労済、都道府県共済といったものがあります。
民間の保険に比べて、加入手続きが比較的簡単というメリットもあります。

 

保険、共済、それぞれにいいところがありますし、悪い部分もあると思います。
保険や共済のメリットとデメリットをうまく見極めて選ぶと良いでしょう。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。

保険と共済の違い関連ページ

全労災
JA共済
JF共済
県民共済
CO-OP共済