CO-OP共済

CO-OP共済も、他の共済同様に営利目的の保険商品ではありません。
自分の掛け金がみんなの役に立つ、そして自分の役にも立つという組合員同士の助け合いの共済、それがCO-OP共済です。
組合員の助け合いから生まれる共済で、自分たちの必要な保障については、自分たちで考え、開発するということが行われているそうです。

 

CO-OP共済には、「たすけあい」という商品があります。ベーシックコース、医療コース、女性コース、ジュニアコースなどがあり、月の掛け金は1000円から4000円とリーズナブルです。
特に、女性コースは女性特有の病気で入院した際の保障が充実していることもあって、加入者が多いようです。
他に、最高2,000万円の死亡保障、最高10,000円の入院保障がある「あいぷらす」という商品もあります。

 

CO-OP共済では、ライフプランニング活動という活動を行っています。
組合員ライフプランアドバイザーが、社会保障や生命保険についての仕組みを学んで、自分で保障を考えられるようにする活動だそうです。
自分の将来を保障するための商品を選ぶのですから、どういった保障があるのかということを学ぶことができるのは良いことだと思います。

 

生協、CO-OPの場合、地域に非常に密着した活動をしています。
引越しをした場合でも、転居先の生協で組合員になることで、共済契約を継続することができます。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。