更新で保険料が上がる!?更新を機会に保険を見直す際のポイント

皆さんの中にも保険会社や代理店の方から、「保険の満期が近いので」「見直しの時期なので」などといわれて、今加入している保険の更新や転換を勧められた方もいらっしゃることでしょう。
このような時は更新や転換は更新後の保険料が高くなってしまったり、転換によりこれまで積み立ててきた解約返戻金がなくなってしまったりというデメリットもあるので注意が必要です。
保険の営業の方からこのような話をされたときには、次のようなポイントを考えてみると良いでしょう。

 

必要な保障と保障額を決める

まず必要な保障と金額を決めることが必要です。
必要な保障は家族構成や生活環境によって異なります。
保障の内容ごとに分けてひとつずつ考えてみましょう。

 

【死亡保障】
最初に死亡保障ですが、基本的には被保険者が亡くなった時に保険金の受取人がお金を必要とするのか、また必要とするならいくら必要なのかを考えてください。
被保険者の方が独身で保険金の受取人が資産家のご両親のみという場合と、結婚して専業主婦の奥様と小さい子供さんがいる方では死亡保障の必要性や必要な金額が大きく異なります。

 

【医療保障】
次に医療保障です。
医療保障はすべての年代で必要な保障といえます。
また過去に販売されていた保険商品と今の医療保険では保障内容がかなり進歩しています。
現在の医療保険では入院時の支払いも日帰り入院から支払われるものが多く、以前は保障の対象外であった高度先進医療などが対象となる保障もあります。

 

【貯蓄】
最後に貯蓄としての部分です。
本来貯蓄は銀行預金などのほかの金融商品を使っても行えます。
しかし保険を使って貯蓄をするメリットは、解約手続きが比較的難しいので長く続けられることや、貯蓄機能のほかに死亡時などの保障がついてくることが挙げられます。
さらに商品によっては、銀行預金よりも運用利回りが高く設定されているものもあります。

 

見直しや転換の必要性を確認

必要な保障が分かったら、今加入している保険もしくは保険屋さんからもらった見積もりを見てみましょう。
現在加入している保険によっては、終身保険(保障が一生涯続く保険)に10年や15年の定期保険(保障が期間限定のもの)を特約で付加しているものがあります。
この場合、終身保険をそのまま継続して、満期を迎える特約部分のみ見直しをするという方法もあります。

 

【「転換」の2つの大きなデメリット】
保険料が高くなる新しい保険への見直しや契約の転換を勧められた場合には、そもそも見直しや転換が必要なのかを考えなければいけません。

 

契約の転換については、現在の契約を解約した際に発生する解約返戻金を新しい保険の一時払い保険料として支払ってしまうというもので、ふたつの大きなデメリットがあります。

 

ひとつめのデメリットは今まで積み立ててきた解約返戻金がなくなってしまうこと、ふたつめのデメリットは新しい保険の契約時の年齢で保険料を計算しなおすために保険料が高くなることです。

 

今まで入っていた保険と全く異なる保険(例えば死亡保険から医療保険へなど)に変更するなら大変メリットがある契約方法ですが、そうでない場合は転換以外の方法を考えるほうが得かもしれません。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。

更新で保険料が上がる!?更新を機会に保険を見直す際のポイント関連ページ

生命保険見直しの手順とチェックポイント
生命保険の見直しをするとといっても、何から手をつけて何をチェックすれば良いのかわからない方が多いと思います。見直す際のポイントをご紹介します。
生命保険の保険料を減らしたい!見直しのチェックポイント
生命保険の見直しをして月々の保険料を減らしたい方のために、見直しのチェックポイントをご紹介します。
結婚後に生命保険の見直しをする際のポイント
結婚を機会に生命保険の見直しをされる方が多いと思います。どんなことに注意すれば良いのか、見直しのポイントをご紹介します。
出産・子供が生まれたときの生命保険見直しのポイント
子どもが生まれたら生命保険の見直しは必ず必要です。失敗しない見直しのポイントをご紹介します。
住宅ローンを組んだら生命保険の見直しを!住宅購入時の見直しのポイント
住宅を購入して住宅ローンを組んだら、生命保険の見直しをする良い機会です。見直す際のポイントをご紹介します。
老後・定年退職に備えた生命保険見直しのポイント
定年退職後・老後の生活を安心して楽しく過ごすためには備えが必要です。必要な保障や必要額が変わるので生命保険の見直しも必須。見直す際のポイントをご紹介します。
同じ保障で保険料半額!?死亡保障の見直し方
生命保険見直しのポイントの一つになる「死亡保障」。収入保障保険で合理的かつ十分な保障を得られる形に見直しができます。
収入保障保険ってどんな保険?
合理的かつ十分な保障を得られる「収入保障保険」。生命保険の見直しで重要なポイントになるこの商品についてご説明します。
生命保険見直しのポイント
生命保険の特約を見直す
生命保険を見直す具体的な方法
これで安心!医療保険の見直しポイント
生涯を通じて必要となる医療保障。その備えとしてどんな風に医療保険を見直して選べば良いのか、ポイントをご紹介します。