結婚後に生命保険の見直しをする際のポイント

人生の大きな転換期といえる結婚。
生命保険を見直す必要性が最も高いときのひとつといえます。

 

これまで別々に生計を建ててきたふたりが生計を共にするわけですから、経済的な基盤が大きくなるだけでなく、万が一の際の必要な保障も大きくなります。

 

 

二人の人生をどんな風にしたいか生活設計を考えましょう

結婚を期に保険を見直す場合には、まず結婚後の生活設計を立ててみましょう。
奥様が仕事を続けるのか辞めるのか、子供をいつごろ儲けるのか、家を建てるのか賃貸ですごすのかなどです。
これからの人生で予想される出来事を夫婦ふたりの時系列にまとめてみましょう。
その時に出来事ごとの大体の予算を記入しておくと分かりやすくなります。

 

 

生活設計に合わせて保障を考えましょう

生活設計ができたら、その情報を基に必要な保障を考えます。
まずは家計の中心になる方の保険を考えましょう。

 

 

【家計の中心となる人の死亡保障と医療保障】
最初に死亡保障から考えます。
まずは家計の中心者が死亡した場合に残される遺族はいくら必要なのでしょうか。

 

基本的には最初に作った生活設計をもとに、これから将来の出来事に必要な金額を考えます。
そして、これから遺族が被保険者の死亡後に得られる収入を差し引いた差額を求めることにはなります。
よって遺族が仕事をしているのかどうか、またどれくらいの収入があるのか、さらに家計の中心者の会社が弔慰金や死亡退職金などの制度が充実しているのであれば、その分も必要な額から差し引いて計算します。

 

一般的には子供が生まれる前のご家庭では、家計の中心者であっても高額の死亡保障は必要ありません。
将来の葬儀代として終身の死亡保険があれば十分かもしれません。

 

ただし、医療保険についてはどうしても必要です。
入院などにより家計の減収が見込まれ、さらに医療費や看病などにかかる費用やそのために配偶者が減収となると、家計を大きく圧迫する可能性があります。
最低でも被保険者の1日あたりの給与額程度は保険をかけておきたいところです。

 

 

【家計の中心ではない配偶者の死亡保障と医療保障】
次に家計の中心ではない配偶者の保険を考えます。
死亡保険については、家計の中心者が十分に収入を得ているので高額な保障は必要ありません。
まさに葬式代と子供が小さい頃に死亡した場合のベビーシッター代程度で数百万円の死亡保障があれば十分です。

 

また医療保障については、家計収入の中心でない配偶者の入院であったとしても家計負担が増えることを避けることは難しいため保険に加入しておいたほうがいいでしょう。

 

 

必要な保障を把握したら、今入っている保険内容を確認しましょう

必要な保障を確認したら今度は今入っている保険を見てみましょう。
必要な保障は満たしていますか?
満たしているというより余計に入りすぎている方が多いのではないでしょうか。

 

特に更新型の保険に加入している方などは結婚を期に必要な保障にあっている保険に見直すとよいでしょう。

 

また、最後に保険の受取人変更や結婚して苗字が変わった場合の名義変更なども忘れずにしてください。
特に受取人が両親のままだと、万が一被保険者が死亡しても保険金は配偶者には支払われないので注意が必要です。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。

結婚後に生命保険の見直しをする際のポイント関連ページ

生命保険見直しの手順とチェックポイント
生命保険の見直しをするとといっても、何から手をつけて何をチェックすれば良いのかわからない方が多いと思います。見直す際のポイントをご紹介します。
生命保険の保険料を減らしたい!見直しのチェックポイント
生命保険の見直しをして月々の保険料を減らしたい方のために、見直しのチェックポイントをご紹介します。
更新で保険料が上がる!?更新を機会に保険を見直す際のポイント
更新の際に保険料が大幅に上がってしまう、保険会社の担当者から見直しや転換を勧められている方向けの生命保険見直しのポイント。
出産・子供が生まれたときの生命保険見直しのポイント
子どもが生まれたら生命保険の見直しは必ず必要です。失敗しない見直しのポイントをご紹介します。
住宅ローンを組んだら生命保険の見直しを!住宅購入時の見直しのポイント
住宅を購入して住宅ローンを組んだら、生命保険の見直しをする良い機会です。見直す際のポイントをご紹介します。
老後・定年退職に備えた生命保険見直しのポイント
定年退職後・老後の生活を安心して楽しく過ごすためには備えが必要です。必要な保障や必要額が変わるので生命保険の見直しも必須。見直す際のポイントをご紹介します。
同じ保障で保険料半額!?死亡保障の見直し方
生命保険見直しのポイントの一つになる「死亡保障」。収入保障保険で合理的かつ十分な保障を得られる形に見直しができます。
収入保障保険ってどんな保険?
合理的かつ十分な保障を得られる「収入保障保険」。生命保険の見直しで重要なポイントになるこの商品についてご説明します。
生命保険見直しのポイント
生命保険の特約を見直す
生命保険を見直す具体的な方法
これで安心!医療保険の見直しポイント
生涯を通じて必要となる医療保障。その備えとしてどんな風に医療保険を見直して選べば良いのか、ポイントをご紹介します。