住宅ローンを組んだら見直し!住宅購入時の生命保険の見直しポイント

一般的に住宅を購入される方は、子供もいて家族構成が出来上がっている方が多いのではないでしょうか。
家族構成が出来上がっていて、住宅を購入すると定年退職後の人生までの必要な資金を計算することは比較的容易になります。
また一般的には住宅購入後の必要な資金は減っていく一方であるといえます。

 

 

住宅購入後の必要死亡保障額は減らせる?

では、住宅を購入したらどのような必要資金が減るのでしょうか。
まずはこれまで住んでいた住宅が賃貸であった場合、家計収入の中心者の死亡後にかかる家賃が必要なくなります。
住宅建築費用を住宅ローンで賄った場合でも、住宅ローンには団体信用生命保険がついているため、住宅ローンの名義人が死亡した場合には、この保険金で住宅ローンが全額相殺されることとなります。

 

ではこの場合に必要な保障はどうなるのでしょうか。
まず住宅ローンの名義人の方の死亡保障は減額が可能です。
これは上記の団体信用生命保険により万が一の場合に住宅ローンが相殺されるためです。
減額できる額は家賃と住宅購入の頭金の貯蓄費用として必要補償額に含めていた額です。

 

ただし固定資産税や将来の住宅の修繕のために積み立てていく費用は必要補償額から減らすことはできません。
家計収入の中心者が死亡したとしてもいずれ住宅の修繕は必要になります。

 

 

医療保障は充実させる必要あり!

次に医療保障です。
万が一家計収入の中心者が病気、怪我などで入院した場合、収入が減少することが考えられます。
この場合の収入の減少分を補うには医療保険が必要となります。

ただし健康保険から傷病手当金も出ますので、医療保険の必要な保証金を決めるためには考慮する必要があります。

 

また近年の団体信用生命保険には、3大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)にかかって規定の状態になった場合に保険金が支払われ、住宅ローンが相殺されるものもあります。
一度加入した団体信用生命保険の内容を確認してみるといいでしょう。

 

 

配偶者の保障見直しも必要

家計収入の中心者以外の方も必要な保障を見直す必要があります。
特に住宅ローンの名義人ではないが、住宅ローンの返済を助けるために配偶者が仕事をしている場合は、この収入分の死亡保障が必要になります。
住宅ローンの名義人以外には団体信用生命保険が掛けられないため、配偶者が死亡した場合には住宅ローンの返済に影響が出る可能性があります。

 

また、配偶者が仕事をしているか否かに係らず、医療保障は必要となります。
病気、怪我で入院した場合、医療保険で月々の負担額に上限はありますが、家計からの支出が増えることは避けられません。

 

また医療保障についてはお子様についても同じことがいえますので、お子様の保険についても検討が必要となります。

 

現在加入している保険の内容にもよりますが、住宅を購入した後に生命保険の見直しを行うと、保険料を減らすことが可能です。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。

住宅ローンを組んだら生命保険の見直しを!住宅購入時の見直しのポイント関連ページ

生命保険見直しの手順とチェックポイント
生命保険の見直しをするとといっても、何から手をつけて何をチェックすれば良いのかわからない方が多いと思います。見直す際のポイントをご紹介します。
生命保険の保険料を減らしたい!見直しのチェックポイント
生命保険の見直しをして月々の保険料を減らしたい方のために、見直しのチェックポイントをご紹介します。
更新で保険料が上がる!?更新を機会に保険を見直す際のポイント
更新の際に保険料が大幅に上がってしまう、保険会社の担当者から見直しや転換を勧められている方向けの生命保険見直しのポイント。
結婚後に生命保険の見直しをする際のポイント
結婚を機会に生命保険の見直しをされる方が多いと思います。どんなことに注意すれば良いのか、見直しのポイントをご紹介します。
出産・子供が生まれたときの生命保険見直しのポイント
子どもが生まれたら生命保険の見直しは必ず必要です。失敗しない見直しのポイントをご紹介します。
老後・定年退職に備えた生命保険見直しのポイント
定年退職後・老後の生活を安心して楽しく過ごすためには備えが必要です。必要な保障や必要額が変わるので生命保険の見直しも必須。見直す際のポイントをご紹介します。
同じ保障で保険料半額!?死亡保障の見直し方
生命保険見直しのポイントの一つになる「死亡保障」。収入保障保険で合理的かつ十分な保障を得られる形に見直しができます。
収入保障保険ってどんな保険?
合理的かつ十分な保障を得られる「収入保障保険」。生命保険の見直しで重要なポイントになるこの商品についてご説明します。
生命保険見直しのポイント
生命保険の特約を見直す
生命保険を見直す具体的な方法
これで安心!医療保険の見直しポイント
生涯を通じて必要となる医療保障。その備えとしてどんな風に医療保険を見直して選べば良いのか、ポイントをご紹介します。