老後・定年退職に備えた生命保険見直しのポイント

世界有数の長寿国である日本では、定年退職をしたあとでも長い余生を楽しむことができます。

 

一般的に定年を迎える65歳の方の平均余命は男性で約19年、女性で約24年あります。
この期間を現役時代と同じ生活レベルで過ごそうとすると、余程年金収入が大きくない限り大きな貯蓄が必要となり、長生きすることが金銭的なリスクとなりかねません。

 

そこで定年を迎えてこれから長い余生を楽しむ世代の方は、特に綿密にライフプランを建てる必要があります。

 

 

老後に向けて厚くしたいのは生活資金と医療保障

まず、現役で働き収入を得ていた時と退職して年金収入に頼るのでは、必要な保障にどのような違いがあるのでしょうか。
現役世代は万が一の際の子供の教育資金や遺族の生活資金などとして死亡保障の必要性が比較的高いといえます。
しかし定年退職後の人生では、残りの人生を過ごす生活資金と病気、怪我の際の医療に対する保障の必要性が高くなります。

 

 

どのような生活をするか、いくら必要かを確認しましょう

では老後資金はいったいいくらかかるのでしょうか。
これは人それぞれの生活スタイルや環境などにより異なります。
まずは現在の支出がどれくらいあるのかを把握することから始めましょう。
今の支出が把握できたら、次は、定年退職後は必要のない支出を差し引き、定年退職後から必要となる支出を足します。
さらに定年退職後は生活レベルを落とし慎ましく生活したいというのであれば減額できる費用を見積もり、定年退職後は優雅に余生を過ごしたいというのであれば支出額を増額していきます。

 

 

必要額 − 収入=生活資金の不足額をどうするか

おおよその支出額が分かれば、次に期待できる収入を計算しましょう。
退職金、年金、そして金融商品の運用益や不動産からの家賃収入などを考えてください。
この金額に預貯金の額を足して、見積もった支出総額から引けば老後資金の過不足額を計算することができます。
資金が十分であれば問題はありませんが、不足が出ている場合は、何かしらの方法でこの不足額を埋めるか、支出を見直す必要があります。

 

そこでこの不足額を埋めるために個人年金などの保険商品を使うこともひとつの方法です。
この保険は保険会社の行う積立のような商品で公的年金の上乗せとしても使える商品です。

 

この商品のメリットは、一定の要件を満たすと所得控除を受けられることです。
所得控除は定年前に収入を得ている時でなくては意味がありませんので、できるだけ早い時期に個人年金に加入すれば、それだけ多くの控除を受けることが可能となります。
また仮に定年退職後で所得控除が受けられないとしても、一時払いなどで保険料を支払うことで、銀行預金よりも若干高めの運用益を得ることも可能です。

 

 

早い時期から備えておきたい医療保障

次に医療保障です。
病気や怪我での入院時の費用負担という意味でも大切ですが、定年退職後は高度先進医療特約やがん診断給付金、介護に対する保証などにも目を向ける必要があります。

 

年齢を重ねると病気や怪我をしやすくなるのはやむを得ないことです。
このときにこれらの特約があると、金銭面での負担を減らすことが可能なのはもちろん、もしかすると命を救う保障となるかもしれません。

 

大きな病気をした後では医療保険に加入するのは困難となるので、できるだけ早い時期にこれらの保障を準備しておくと良いでしょう。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。

老後・定年退職に備えた生命保険見直しのポイント関連ページ

生命保険見直しの手順とチェックポイント
生命保険の見直しをするとといっても、何から手をつけて何をチェックすれば良いのかわからない方が多いと思います。見直す際のポイントをご紹介します。
生命保険の保険料を減らしたい!見直しのチェックポイント
生命保険の見直しをして月々の保険料を減らしたい方のために、見直しのチェックポイントをご紹介します。
更新で保険料が上がる!?更新を機会に保険を見直す際のポイント
更新の際に保険料が大幅に上がってしまう、保険会社の担当者から見直しや転換を勧められている方向けの生命保険見直しのポイント。
結婚後に生命保険の見直しをする際のポイント
結婚を機会に生命保険の見直しをされる方が多いと思います。どんなことに注意すれば良いのか、見直しのポイントをご紹介します。
出産・子供が生まれたときの生命保険見直しのポイント
子どもが生まれたら生命保険の見直しは必ず必要です。失敗しない見直しのポイントをご紹介します。
住宅ローンを組んだら生命保険の見直しを!住宅購入時の見直しのポイント
住宅を購入して住宅ローンを組んだら、生命保険の見直しをする良い機会です。見直す際のポイントをご紹介します。
同じ保障で保険料半額!?死亡保障の見直し方
生命保険見直しのポイントの一つになる「死亡保障」。収入保障保険で合理的かつ十分な保障を得られる形に見直しができます。
収入保障保険ってどんな保険?
合理的かつ十分な保障を得られる「収入保障保険」。生命保険の見直しで重要なポイントになるこの商品についてご説明します。
生命保険見直しのポイント
生命保険の特約を見直す
生命保険を見直す具体的な方法
これで安心!医療保険の見直しポイント
生涯を通じて必要となる医療保障。その備えとしてどんな風に医療保険を見直して選べば良いのか、ポイントをご紹介します。