生命保険見直しの手順とチェックポイント

生命保険の見直しをする際の手順およびチェックすべきポイントをご説明します。

 

必要な保障を決める

最初に自分に必要な保障を考えるところから始めます。
生命保険を「死亡保障」、「医療保障」、「貯蓄」の3つの保障に分けて考えるとイメージしやすいと思います。

 

【死亡保障】
では死亡保障について考えます。
この保障は基本的に被保険者が死亡または所定の高度障害状態になったときに受取人に保険金が支払われます。

 

死亡保障を考える時には、万が一被保険者が死亡した時に受取人はお金が必要なのか、また必要とするならいくら必要なのかを考えるとイメージしやすくなります。
これは家族構成や、扶養者の有無、受取人の収入、資産の状況などにより異なり、一概に年齢や性別でいくらとは言えません。
これらの条件を無視して設定した保険は、まさに見直しをするべき保険といえます。

 

 

【医療保障】
次に医療保障について考えてみましょう。医療保険は病気や怪我で入院した時、手術を受けた時などに保険金が支払われます。
若い年代の方はそれほど病気のリスクは高くないと思いますが、保険は若い年齢で加入すれば保険料が安くなるばかりでなく、一度大きな病気をしてしまうと、その後新しく保険に加入するのは難しくなります。
これらのことを考えると、たとえ若い年代であったとしても医療保障は必要であるといえます。

 

 

死亡保障:家族構成や、扶養者の有無、受取人の収入、資産の状況などにより異なるので、これらの条件を無視して決めた保障や、条件が変わっている場合は見直しが必要!
医療保障:若い時&健康な状態から備えるのがベスト。病気になってからでは保険に入るのが難しい!

 

 

今加入している保険の内容を見てみる

現在加入する保険の内容を確認してみましょう。
加入している保険の証券を見てみてください。保険はどのような保険でしょうか。

 

まず主契約を確認しましょう。
終身保険、定期保険、終身医療保険など様々な保険があります。
これに通常は特約と呼ばれる追加の保障が入っています。
それぞれの保障について金額と期間を確認してください。

 

 

加入している保険の保障と必要な保障を比較する

次に今加入している保障内容と必要な保障内容を比べてみましょう。
必要な保障はそろっているでしょうか。

 

必要な保障を満たす保険であったとしても安心はできません。
生命保険では期間や金額も重要です。
通常死亡保障は子供が独立するまでの間は比較的大きな保障が必要となり、医療保障は一生涯を通じて、また老後の積み立てについては、必要な金額が確保できるようできるだけ早く始めるのが理想です。

 

金額はそれぞれの年代により異なります。
もしもあなたの加入する保険が、一生涯同じ金額を保障する死亡保険であれば、実際に必要な補償額よりも多すぎる可能性があります。

 

多すぎる保障や足りない保障がないかをチェック。必要な保障額と合っていない保険があれば見直し対象です。

 

 

保険料を減らしたい場合

必要な保障を必要なだけ必要とする期間保険に加入したのでは、保険料の予算を超えてしまうかもしれません。
その場合は保障の優先順位を考えてください。

 

子供さんが小さいうちに死亡保障を減らしてしまうことはできませんが、年齢も若いうちであれば医療保障は減額できる可能性もあります。
また、医療保障は保険料の支払い期間を長期にすることや、更新型にするなどして保険料を抑えることも可能です。

 

家計の状況に合わせて保険料を減らしたい方は、「優先順位」を考えましょう。

 

 

ファイナンシャルプランナーに相談するのも一つの方法

保険を見なおすためには将来起こるであろう出来事に対し予算を決めていき、将来にわたる収入や起こりえるリスクの予想、そして万が一のときに不足すると予想される資金を考える必要はあります。

 

さらに数多くの保険商品の中から条件に会う保険を見つけることはかなりの専門性と幅広い知識が必要です。

 

もちろんひとつひとつ自分で調べて見直しを行うことは可能ですが、ライフプランや金融・保険商品のプロであるファイナンシャル プランナーの知識を利用することもひとつの方法です。

 

見直しの手順やポイントがわかっても、「保障がどれぐらい必要か?」「必要な保障を補う保険はどれがベストか?」を把握するのは大変なこと。
生命保険に詳しいファイナンシャルプランナーに相談すると、適切なアドバイスや提案を受けることができるのでお勧めです。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。

生命保険見直しの手順とチェックポイント関連ページ

生命保険の保険料を減らしたい!見直しのチェックポイント
生命保険の見直しをして月々の保険料を減らしたい方のために、見直しのチェックポイントをご紹介します。
更新で保険料が上がる!?更新を機会に保険を見直す際のポイント
更新の際に保険料が大幅に上がってしまう、保険会社の担当者から見直しや転換を勧められている方向けの生命保険見直しのポイント。
結婚後に生命保険の見直しをする際のポイント
結婚を機会に生命保険の見直しをされる方が多いと思います。どんなことに注意すれば良いのか、見直しのポイントをご紹介します。
出産・子供が生まれたときの生命保険見直しのポイント
子どもが生まれたら生命保険の見直しは必ず必要です。失敗しない見直しのポイントをご紹介します。
住宅ローンを組んだら生命保険の見直しを!住宅購入時の見直しのポイント
住宅を購入して住宅ローンを組んだら、生命保険の見直しをする良い機会です。見直す際のポイントをご紹介します。
老後・定年退職に備えた生命保険見直しのポイント
定年退職後・老後の生活を安心して楽しく過ごすためには備えが必要です。必要な保障や必要額が変わるので生命保険の見直しも必須。見直す際のポイントをご紹介します。
同じ保障で保険料半額!?死亡保障の見直し方
生命保険見直しのポイントの一つになる「死亡保障」。収入保障保険で合理的かつ十分な保障を得られる形に見直しができます。
収入保障保険ってどんな保険?
合理的かつ十分な保障を得られる「収入保障保険」。生命保険の見直しで重要なポイントになるこの商品についてご説明します。
生命保険見直しのポイント
生命保険の特約を見直す
生命保険を見直す具体的な方法
これで安心!医療保険の見直しポイント
生涯を通じて必要となる医療保障。その備えとしてどんな風に医療保険を見直して選べば良いのか、ポイントをご紹介します。