逓減定期保険とは

逓減定期保険というのは、保険期間が長くなるごとに、保障額が一定率で小さくなるという定期保険です。
同じ保険金額の定期保険と比較すると、保険料が安いというメリットがあります。

 

死亡や高度障害などを保障します。加入年齢は、各保険機関によって異なり、保険期間は短期から長期、一定期間です。
契約方式には更新型と全期型があり、貯蓄性はありません。

 

一般の定期保険よりも保険料が安く、大きな保障を受けとれます。そして、保障を年々小さくすることができます。
このタイプはいくつかあるようです。ただし、満期保険金はなく、終身ではありませんので、一定期間の保障しか得られないという特徴があります。

 

逓減定期保険は
・死亡時に備えたい、特に死亡した際の遺族補償について重点を置いた保険にしたい
・保障期間は一定期間でいい
・死亡保険金は一括でほしい
・子供の成長に伴って死亡保険金は減少してもいい
という方にお勧めの保険です。

 

お子さんが小さなうちはある程度大きな保障が必要ですが、お子さんの成長と共に保障を下げたい、というような場合に非常に便利な保険です。

 

一定期間、同じ保障額が続く定期保険と比較すると、合理的に保障をカバーできる無駄のない保険といえるでしょう。

 

保険は自分の置かれている家庭環境や状況に応じた保険が必要だと思います。
保険会社の担当者さんのいいなりに保険に加入するよりも、このようにたくさんの保険の種類を知ることで、自分に見合った保険を選択することができます。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。