収入保障保険とは

収入保障保険というのは、生活保障保険とも呼ばれています。
被保険者が死亡されたり、高度障害を負った場合に、遺族が遺族年金というようなイメージで年金方式で、保険金を受け取ることのできる保険です。

 

この収入保障保険の場合、生活に必要な金額がどのくらいであるかということを基本にしています。
例えば、実際に月額20万円必要なのか、年額でいくら必要になるのかという実生活に必要である金額を保険金の設定とするわけですね。

 

種類としては、

 

・一定期間、例えば、10年や15年という保険期間内に死亡された場合や高度障害になった場合、受け取り期間が10年間というように決められている定期保険を分割払いで支払うというようなもの

 

・65歳や70歳など、保障期間と受取期間が同じで、死亡した年齢によって受け取る年数が変動するもの

 

があります。

 

この収入保障保険では、保障期間が満期に近いときに死亡された、または高度障害となってしまった、というときに最低保障期間というものがあります。
一般的に2年間や5年間といったもののようです。

 

収入保障保険に似ているもので、所得保障保険というものがあります。
収入保障保険は、死亡や高度障害など、被保険者がもう収入を見込めないという場合の保険で、所得保障保険というのは、ケガに対しての保険ということになります。

 

収入保障保険は、死亡されたとき、または高度障害者となったときに満期まで支払いが継続する保険で、保険金支払いの始まりが遅ければ、受取総額が少なくなるという保険です。
少しずつ受け取り期間が短くなるということで、一定期間同額を保障するというほかの保険よりも保険料が安いというメリットがあります。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。