生存保険とは

死亡時に支払われる保険とは違い、被保険者が契約時に定めた一定期間を経過した時点で生存している場合に、保険金を受け取ることができます。
老後の資金に備えるという、貯蓄という部分を中心にした保険です。

 

貯蓄保険や個人年金保険、変額年金保険、こども保険などが生存保険の種類です。

 

保険期間内に死亡しても死亡保険金はありません。
ですが、生存保険としての純粋な形での契約はほとんどなく、死亡保険の要素を持った保険との組み合わせなどの保険になっていて、生死混合保険となっているのが実際のところのようです。

 

この生存保険は、満期まで継続した場合に支払われる基本保険金額というものが、最低保証されています。
その契約にもよりますが、生存保障効果によってプラスアルファの保険金が出る場合もあるようです。

 

生存保障効果というのは、満期の前に解約または、死亡した場合に契約金の一部や全額を、生存している他の契約者に分配するという仕組みのことをいいます。

 

生存保険は、長生きした場合のリスクに備えるというものですね。
長生きして働けない年齢になってからのこうした保険金はやはりありがたいものですね。
年をとってお金に余裕があることは、非常に豊かな気持ちがします。

 

死亡保険の要素を持った保険との組み合わせになれば、生存についても、死亡した際の遺族についても保障となりますね。
現在は、生存保険だけの保険というのはほとんど見かけないようですが、やはり保険には死亡した場合のリスクをカバーするものも欲しいですよね。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。