変額年金保険とは

変額年金保険とは、運用資金の予定利率を定めずに運用する保険です。
通常の個人年金は、払い込まれた保険料について予め予定利率というものが固定になっています。

 

変額年金は契約をする方が、保険会社の用意した複数の投資信託などから運用するものを選択します。
この運用成績の良し悪しによって、年金受取金額が変動するわけです。

 

一般の投資信託との違いは、投資信託の場合は、購入後に値上がり益を待つということしかできませんが、変額年金保険は、契約が済んだ後も運用対象に組み入れて、割合や組み合わせを変更することができます。
自己責任で変更し、より大きな収益を狙える保険ということです。

 

変額年金の一般的なものとしては、ある程度まとまった運用資金を用意して、一定期間、自己責任において複数の投資信託などの運用で増やします。
これによって増やしたものを年金原資として、将来的に私的年金として定期的に受け取るいうものです。
もし、被保険者が年金受取開始になるまでに死亡された場合でも、遺族年金という形で支払われます。

 

運用期間の間や保険金を受け取る際に、多くの税制メリットがあります。
運用期間中は、特別勘定で運用されるため、運用実績が良ければ、年金額や死亡給付金、解約返戻金を高く受け取ることができます。
運用に関する投資リスクや為替リスクは、自己責任となります。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。