こども保険とは

こども保険は一般的に学資保険とも呼ばれています。
子供の教育準備資金に利用される保険で、子供が入学や進学する際に祝い金や満期保険金などを受け取ることができます。
掛け金や祝い金は子供の進学の度合いに合わせた設定が必要となります。

 

 

こども保険も、子供が死亡した場合に死亡保険給付金を受け取ることができますが、金額については小額になっています。
こども保険の特徴は、保険契約者が死亡した場合はその後の保険料の支払いが免除され、祝い金や満期保険金はそのまま予定通りに受け取ることができるというものです。

 

お子様が生まれる、それは大変喜びに満ちたものですね。
しかし、それと同時に将来の教育費用などを考える必要も出てきます。
こども保険は、教育資金を確保する手段の一つとなるものです。
お子様に対しての貯蓄と、契約者(一般的には、親御さんになると思いますが)方が万が一死亡された場合に、教育費の心配をしなくてもいいという保障を得ることができます。

 

やはり、親としては、自分に万が一の事があった場合という事が一番心配になりますね。
もしも、自分が死亡した場合でも、以後の保険料が免除され、祝い金などは予定通り受け取ることができますので、お子様に対しての責任を果たすことのできる保険ともいえます。

 

こども保険にもたくさんの種類がありますが、一番多いのが、育英年金つきのこども保険です。
そのほか、お子様がご病気をされた際に入院費用などがおりる医療保険を特約として付けている方も多いようです。
こどもの養育費用、教育資金は、年々高くなっています。
少子高齢化が進む中、一人のお子様にかける費用は非常に高くなっているのが現状のようです。

 

お子様が進学されたりする際に必要な資金を準備できるこども保険は、入っておくと非常に安心できる保険ですね。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。