生死混合保険とは

生死混合保険というのは、死亡保険と生存保険の両方を取り入れた保険のことを言います。
死亡保障は、病気や不慮の事故、災害によってケガをしたり死亡されたりした場合に保障される保険ですね。
生存保険は、貯蓄機能を重視した保険で、老後の資金や年金など、長生きの備えとなる保険です。

 

やはり保険に入るのなら、亡くなった場合の保障と、生きている間の保障と両方を考慮した保険に加入したいものですね。
その両方を兼ね備えた保険が、生死混合保険なのです。

 

生死混合保険は、保険期間中に被保険者が死亡、高度障害になった場合、死亡保険金もしくは障害保険金が支払われます。
満期になるまで生存していた場合は、満期保険金が支払われます。

 

保険商品で言うと、養老保険と定期付養老保険などがこれにあたります。
養老保険の場合は、死亡保険金と満期保険金は同額です。(特約を付けない場合)
しかし、災害割増の死亡給付金というものが付いてきます。

 

これに対して、万が一の場合の保障を大きくしたのが定期付養老保険です。
死亡保険金を高くすることのできる保険です。一定の範囲ですが、養老保険の部分と定期保険の部分を自由に組み合わせることのできるのがこの保険の魅力でもあります。

 

また、こども保険や学資保険も、この生死混合保険に入ります。
契約者が死亡した場合には、死亡保険金が支払われ、保険期間中に契約者が死亡した場合に保険料が免除されます。
死亡した場合の死亡保障と、入学の際の祝い金などの貯蓄という部分が合体した生死混合保険ですね。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。