3大(特定)疾病保険とは

3大疾病とは何をさすことかご存知でしょうか。
これは、「急性心筋梗塞」・「がん」・「脳卒中」という現代人に多い病気のことをさします。
3大疾病は、生活習慣病にも起因しており、現代人の死亡理由の上位に名を連ねているものです。

 

この3大(特定)疾病保険は、3大疾病になった場合に、生きている時点で死亡保険金と同額の保険金を受け取ることができるという保険です。
急性心筋梗塞やがん、そして脳卒中という病気になった場合は入院も長引きますし、その治療費は莫大なものとなります。
3大(特定)疾病保険は、3大疾病になった場合に、契約者の治療費などを助けると共に、最悪の結果として死亡にいたった場合には、遺族を守る保険になります。

 

3大(特定)疾病保険は、一般的に保険期間を選択できるようになっています。
1年や1歳刻みで保険期間を選べるというものが多いようです。
保険が満了した場合でも、一定の条件を満たせば、自動的に契約が更新できます。
ただし、保険料については、契約している方の年齢や保険料率による計算になりますので、契約時と更新時では保険料は異なってきます。

 

注意が必要なのは、がんの場合、上皮内がん、皮膚がん(悪性黒色腫は除く)は対象とならないのが一般的です。
急性心筋梗塞は、狭心症は含まれず、脳卒中は、脳血管疾患のうち、くも膜下出血、脳内出血、脳動脈の狭窄などが対象となるようです。

 

いつ起こるかわからないこうした現代人に多い、3大疾病についての保険、家系的にこうした病気が多いという方は、一度どういった契約になるのか、検討しておくのもいいと思います。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。