医療保険とは

医療保険とは、病気やケガでの入院や、保険で契約されている所定の手術を受けた場合に、給付金を受け取ることのできる保険をいいます。
医療保険には通院保障や死亡保障のついたものなど、たくさんの種類があります。

 

現代は医療技術も大きく進み、たくさんの病気が完治するようになってきました。
一方で、高度医療の金額はどんどん大きくなり、健康保険での3割自己負担だけでなく、健康保険の利かない先進医療を受けた場合の治療費、さらに差額ベッド代金や交通費、食費などの諸経費にかかる金額はかなりのものです。
こうした場合に、家族に負担をかけずに、自分の治療費を捻出するためにかける保険が医療保険です。

 

医療保険は第三分野と呼ばれる保険で、生命保険でも損害保険でもかけることのできる保険です。
タイプとしては、数年後とに更新を迎える定期型保険と、一生涯の保障がある終身型があります。

 

定期型は加入当初、保険料が安いというイメージがありますが、更新を繰り返していく保険ですから、更新時の年齢に応じて保険料があがっていきます。

 

終身型は、保険料こそ高いイメージがありますが、死亡保険金また解約返戻金の設定を抑えることで、保険料を安くすることもできます。
安くする方法としては、一回の入院限度日数を短くすることでも可能です。

 

医療保険は他の保険商品よりも多くの種類があり、それだけ選択肢も多いです。
ですから、保険内容を良く確認する必要があります。
医療保険には、いろいろな条件なども多くありますので、必ず保険会社の担当者に詳しい説明を求めるとともに、自分なりに勉強して契約約款を理解しておくことが必要です。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。