ガン保険とは

ガン保険は、がんという特定の疾病についてのみ絞った医療保険のことをいいます。

 

ガンは、日本人の死亡理由の上位に名を連ねている疾病です。
最近では医療の発達、高度化によって、ガンは助からない病気ではなくなってきています。
それでも死亡理由の上位なのですね。

 

ガンの治療にはたくさんの治療方法がありますが、高度先進医療など、中には健康保険のきかない治療もあります。
さらに差額ベッド代金や他の諸費用を合わせると、月に莫大な金額がかかるのが、ガンという病気なのです。

 

ガン保険は、こうしたガンになった場合に、ご自身と家族を守る保険です。
他の保険と比べると、「ガン」という疾病に絞った保険ということで、保険料が安いという点があります。

 

一般の医療保険の場合、入院1回の給付日数が60日から1000日といった制限が付いていますが、ガン保険には給付日数に制限がないという特徴があります。
入院が長引くガンという病気を考えると安心の保険ですね。

 

ただし、ガンという特定の病気に対しての保障しかないので、補助的役割をしている保険という解釈で加入したほうがいいと思います。
ガン以外の病気になった場合には、保障がない保険ですからね。

 

ご自分の家系にガンになったことがあるという方がいらっしゃるようでしたら、入っておくといいかもしれません。
ガンという病気は生活習慣にも原因があるとされていますが、遺伝的要素もぬぐいきれない病気ともいわれています。
特に親、兄弟・姉妹という近い存在の方がガンになられているという方は、遺伝要素も考慮して、ガン保険への加入をお考えになられるのもひとつだと思います。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。