傷害保険とは

傷害保険の保障の対象は、「急激かつ偶然の外来による事故によるケガ」です。

 

医療保険の場合は、その契約内容によって、ケガや病気の治療にかかった入院や治療費などについて保険金の支払いが行われますが、傷害保険の場合は、日常生活のうえでケガをし、入院や通院をした場合の保障となります。

 

傷害保険にも特約があり、他人に損害を与えた場合の損害賠償についても補償するというような特約を付けることもできます。
非常に幅広い保障があるといえますね。

 

つまり、傷害保険は日常生活を送る上でのアクシデントに備えた保険ということになりますね。

 

傷害保険には、普通傷害保険、家族傷害保険、交通事故傷害保険、国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険、国内航空傷害保険、女子パートタイマー保険、自転車総合保険、学生総合保険、こども総合保険などがあります。

 

契約者や被保険者の故意による障害の場合は、もちろん支払いはありませんし、被保険者が自殺をした、犯罪またはけんかなどによる障害を負った場合でも支払いはありません。
また、被保険者が妊娠・出産・早産・流産・外科手術などの医療処置によって障害を負った場合も支払いはありません。

 

当然のことですが、傷害保険も各保険会社によって保障内容や条件は様々です。
医療保険とは違うという認識をきちんと持つことが必要となりますね。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。