介護保険とは(公的と民間の違い)

多くの生命保険会社や損害保険会社から、民間の介護保険が商品となっています。
公的な介護保険と民間の保険会社が販売している介護保険の違いはどのようなものなのか、きちんと把握しておきましょう。

 

公的介護保険と民間介護保険の大きな違いは、現金の支給があるという点でしょう。
公的な介護保険の場合、介護が必要となったときに、申込をしてサービスの提供を受けるというものですが、民間の介護保険は保険金が支給されます。
公的な介護保険のサービスではどうしても補いきれない部分を、民間の介護保険から支給される保険金によって補うことができるという点がポイントだと思います。

 

また、民間の介護保険は、年齢を問わないという部分も最大の魅力ですね。
公的な介護保険の場合は、基本的には65歳以上が要介護認定の対象ですが、民間の介護保険は年齢が関係ないため、介護という点では非常にありがたいですね。

 

世界的にも高齢化が進んだ日本では、介護という問題は、社会問題にもなっています。
寝たきりの高齢者を自宅で介護するということは、共働きが多い今の時代には非常に大変なことです。
民間の介護保険を利用することで、更なる安心を得ることもできるということですね。

 

ただし、民間の介護保険の場合、公的な介護保険よりも、要介護認定の基準というものが非常に厳しいことが多いようです。
日常的に継続して寝たきりである、食事や衣服の脱ぎ着ができない、食事が一人ではできないなどの多くの条件が必要となります。また、こうした条件が180日以上継続しているなど、かなり厳しいものであるといえますね。

 

しかし、いつかは自分にも訪れる老後。
安心した老後を送るためにも、こうした介護保険についても、しっかりと学んでおくことが必要ですね。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。