生命保険の種類

生命保険の種類をご存知ですか?
一般的に生命保険は3種類に区別することができます。

 

●死亡保険・・・これは、万が一のときの死亡保障ですね。

 

死亡保険には、定期保険、定期付き終身保険、終身保険、変額保険などがあります。

 

 

●生存保険・・・これは契約の時に定めた保険期間の満了時に生存していた場合に保険金が受け取れるものです。

 

生存保険には、個人年金保険、変額個人年金保険、こども保険(学資保険)などがあります。

 

●生死混合保険・・・これは万が一の場合は死亡保障が得られ、契約満了時に生きている場合は満期保険金が受け取れる貯蓄型ものです。

 

生死混合保険には養老保険などがあります。

 

この3種類の他に、生命保険と損害保険の中間的保険として「第3分野」の保険があります。
今ではすっかりおなじみになった医療保険やガン保険などがそれに当たります。

 

生命保険もかける保険の種類によって、大きな差がでます。
また、特約も必要に応じて付けることで、より高い保障となります。
自分の未来に起こる様々な出来事を想定して、しっかりと保障しておきたいものですね。

 

特約については、疾病入院特約や災害入院特約、長期入院特約、通院特約、成人病入院特約、女性疾病入院特約、がん入院特約、特定損傷特約、介護特約、そのほか、多くの特約があります。
主契約に付帯しているものもありますが、多くの場合、加入する際に、特約として付けることになりますね。

 

貯蓄型の保険の場合は、お子さんの未来の学費等を考えて加入することができますし、年金保険も、老後にどのくらい必要かということで、加入する保険料も決まってきます。

 

自分のできる予算内で、どのくらいの保障を受けることができるのか、また、自分が将来どのような保障がほしいのか、ということをよく考えて、種類を選択しましょう。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。