死亡保険とは

死亡保険とは、死亡保障を主契約としている保険です。

 

死亡保険には、一生涯保障が続くものと、一定期間のみ、保障されるものとに分かれます。

 

一生涯保障が付く死亡保険が、終身保険というタイプの保険です。
一定期間のみ保障されるものが、定期保険となります。
これ以外にも一生涯保障が続く終身保険と一定期間保障があるものを組み合わせた保険を、定期特約付き終身保険と呼んでいます。

 

一生涯保障が続く終身保険は、必ず保険金がもらえるものです。
ただし、特約部分については、終身保険の払い込みが終了した時点で保障はなくなります。
入院保障などの特約をつけていた場合は、その分だけを継続して更新することができますが、更新年齢が契約年齢となりますので、保険料が高くなります。

 

定期保険は、満期返戻金が契約期間終了と共にもらえるタイプと、契約期間中に死亡されなかった場合に保険金はもらえないという掛け捨ての定期保険に分かれます。

 

保険金が必ずもらえるという終身保険と定期保険の満期返戻金のあるタイプは、毎年支払う保険料が高くなるということがあげられます。
終身にするか、定期保険にするか、どちらかにするか、ということは、それぞれ個人の環境や状況によります。

 

その保険会社の死亡保険の内容がどのようになっているかによって、特約などを決める必要がありますね。
定期保険の場合は、満期返戻金があるタイプなのか、そうでないのか、確認しておく必要があります。

 

死亡保障が主契約という保険が、一番基本的な生命保険ではないかと思います。
今は死亡保障が主契約となっている保険にも多くの種類がありますので、各社、見積もりなどをとって比較してみるといいでしょう。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。