終身保険とは

終身保険とは、本人に万が一の場合があっても、必ず保険金を受け取ることのできる生命保険です。
必ずもらえるのが終身保険の特徴ですから、貯蓄性の高い保険ということになるでしょう。

 

保険料の支払いについては、色々な種類があり、10年や15年、また、60歳までといったように期間のあるものと、終身払いがありますが、一般的には支払い期間が決まっているものが多いようです。

 

被保険者が死亡した際には、契約によって決められた金額が遺族に支払われます。
終身保険の場合、途中で解約をしても、その払い込んだ年数によって、解約返戻金を受け取ることができます。

 

終身保険の種類は、普通終身保険や定期付終身保険、連生終身保険などがあります。
終身保険は死亡するまでが保険期間の保険です。
自動更新というものはありません。

 

大抵の場合、保険料の払い込みは65歳くらいで終了します。
その後、保障は一生涯続くことになります。
満期になったとき、終身保険を解約して個人年金にしたり、現金で受け取るという選択もできますね。
様々な形で配当金を受け取れるという保険が終身保険だともいえます。

 

貯蓄性の高い保険ということで、保険料は定期保険よりも高めになりますが、死亡した場合は、遺族への保険金が支払われますし、満期になった場合は、解約して他の選択ができるという、非常に内容の濃い保険だと思います。
保険料のことや、置かれている環境などによって、終身にするか、定期にするかを考慮したほうがいいといえますね。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。