定期保険とは

定期保険とは、簡単に言ってしまうと、掛け捨ての保険ということになります。
終身は一生涯の保障をえられる保険ですが、定期保険というのは、一定期間を保障するという内容の保険です。

 

期間は保険によって様々ですが、10年や15年、また、65歳までの保障という具合に、一定期間の保障です。
例えば、60歳までの定期保険の場合は、60歳を1日でも過ぎてしまうと、その保険金を受け取ることができないということです。

 

期間が定められていることで、終身保険よりも保険料は安く設定されています。
年間に支払う保険料を少しでも小さくしたいけれど、保障は大きくほしいというような環境の方にお勧めの保険といえます。

 

例にあげれば、育ち盛りのお子さんを養育している家庭では年間の保険料は抑えたいですよね。
でも、大黒柱に万が一の事があった場合の保障は大きいほうがいい、こうした状況の場合は定期保険が向いていると思います。

 

自分が亡くなることで、経済的に困る人がいるという場合は定期保険をお勧めします。
しかし、定期保険は一般的に掛け捨てになりますので、貯蓄性はありません。
ですから、自分が亡くなった場合に困る人がいない、例えば独身である方は、掛け捨ての保障は必要ないかと思いますね。

 

また、保険料が安いという点で、加入されている方が多いかと思いますが、定期保険には更新型というものがあります。
更新時には、その年齢に見合った保険料になりますので、保険料が上がるということを頭に入れておく必要があります。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。