定期付終身保険とは

定期付終身保険というのは、終身保険が主契約、それに一定期間を保障する掛け捨ての特約の付いてくる保険です。
終身保険と定期保険に個別に加入されている方もいらっしゃいますが、定期付終身保険のほうが、保険料が少し安くなるという場合もあるようです。

 

この定期付終身保険は、一生涯の死亡保障に格安な定期保険を特約することで、安い保険料でも高額保障を得られるという特徴を持ちます。
この終身保険部分と、定期保険部分の金額を割と自由に設計が可能ですから、その方の状況にあった保険の設定ができるということになりますね。

 

たとえば、働き盛りでまだ若く健康である方ならば、若いうちの保障を重視して定期部分を多くする。
ある程度年齢がいってからの老後の部分を重点においた保険内容にしたい場合は、終身保険部分を大きくする。
このように、ある程度自由に計画できるということです。

 

この定期付終身保険で気をつけなくてはならないのは、主契約である終身保険が満了したときに、特約である定期保険は契約がなくなり、以後は終身保険契約部分となる点です。
定期保険部分についての見直しをする必要が出てくるというところが注意すべき点です。

 

定期付終身保険はひとつの保険で様々なリスクをカバーでき、保障の確保も様々にできますので、保険の管理をしやすいということもあげられます。
加入してから先の部分の説明を、保険担当者からよく聞きましょう。
例えば、保険料が途中で上がるのか、払い込む金額は総額でいくらになるのか、保険料の支払いはいつまでになるのかなどですね。
満期時にあわてることのないように、しっかりと質問をしておきましょう。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。