変額保険とは

変額保険というのは、普通の保険とは少し意味合いが違います。
死亡保険金には最低保障がありますが、満期返戻金や解約した場合の解約返戻金やには最低保障がありません。

 

変額保険は、資産を株式や債券といったものを中心に運用することで、運用の実績により保険金や解約返戻金が増減するという特徴があります。
変額保険にかかわる管理・運営を行う「特定勘定」での運用成績によって、支払われるお金が変動するというハイリスクハイリターンの保険です。

 

変額保険は、二つに分かれます。
一つは保険期間が一定である「有期型」、もう一つは一生涯保障が継続する「終身型」の二つです。

 

有期型は、保険の満期時に満期保険金を受け取ることができます。
一般的に10年以上の期間で運用します。
この保険金は、株式や債券などの資産運用の実績によって変動していて、さらに最低保障がありませんので、運用実績が悪ければ基本保険金額を下回る場合があります。
しかし、運用実績がよければ、基本保険金額より上回るということになります。
解約のときの解約返戻金にも最低保障はありません。
運用実績によって、死亡保険金は毎月、解約返戻金は毎日、変動しています。
投資信託などの仕組みが取り入れられた通常の保険とは違う保険です。

 

終身型は、定額保険の終身保険と同じタイプの保険で、終身、もしくは一定期間保険料を払い込み、契約期間中にいつ死亡しても保険金がもらえるという保険です。
被保険者が死亡した場合には、基本保険金、変動保険金を受け取ることができます。
変動保険金がマイナスになった場合でも、基本保険金額は運用実績にかかわることなく最低保障されるので、基本保険金分は必ず受け取ることが可能です。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。