変額終身保険とは

終身保険は、自分がいつかこの世を去った時に必要となるお葬式などの費用として、後に残される方に資金を残すこと目的に加入していることが多いと思います。

 

一般的には、終身保険は定額保険です。
しかし、終身保険に入る目的が、保険金を受け取って資金を残すというものであれば、変額終身保険も選択肢の一つに入れると良いと思います。
同じ保険金を受け取る場合、定額の終身保険よりも、変額終身保険の保険料の方が約30%ほど安くなるといわれています。

 

では、変額保険がどういうものか確認しておきましょう。
変額保険とは、運用の成果によって保険金額が増加・減少するという保険です。
変額保険の保険金額には、最低保障というものがありますので、契約時の保険金額以下の保障になるということはありません。

 

一方で、運用がうまくいっているときには、運用の成果によって保険金額などが増減しますので、保障の金額も大きく充実したものになります。
基本保険金は増減があり、さらに最低保証があるというと、非常にメリットの高い保険のように感じますが、これも注意すべき点があります。

 

変額保険には、解約返戻金についての最低保障がありません。
運用がうまくいっている場合には、資産を増やすことができますが、運用がうまくいかない場合、払い込んだ保険料よりも解約返戻金が減少するということがあります。

 

変額保険は契約者が特定勘定の中から、運用先を選択することができるという面があります。
契約している人が、運用について、債権中心にするのか、国内・海外中心にするのか、株式を中心とするのか、という運用先を選択することができるのです。
運用について自分が選択することで、受け取り金額も決まってくるのですから楽しみでもあります。

 

運用状況によって、保険金額が変動する面白さを持ちたい、死亡したときの遺族保障に重点をおきたい、一生涯の保障がほしいといった方には、この保険がいいと思います。

 

ただ、運用状態が悪いときに解約をした場合、解約返戻金がゼロになる場合もあります。
ですから、変額終身保険は、解約しないということが大前提の保険ともいえるでしょう。
解約しなければ、通常よりも安い保険料ですから、魅力ある保険だと思います。

 

 

「やっぱり生命保険ってよくわからない」という方へ

  • 保険って種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない
  • 保障内容が自分に合っているかどうかわからない
  • 今の保険料が高いので保険を見直したい

このようなことでお悩みの方は、生命保険の専門家による『無料相談』のサービスを利用するのも一つの方法です。

無料相談サービスの詳細はこちらをご覧ください。